肥満体型と診断される基準

標準体型か肥満体型かの診断基準でよく使われるのが「BMI」という指標です。例えば日本人の場合だと標準BMIは22とされており、25より数値が高ければ肥満体型ということになります。健康のためにも、美容のためにも、自分の体型が標準体型に近いか、肥満かどうかは重要なことだといえます。

重い命も落としかねない病気にかかりやすくなるのが、肥満の怖いところではないでしょうか。高血圧、動脈硬化、高脂血症などの危険性が高くなるのは、肥満体型と診断されたまま放っておいた場合です。睡眠時無呼吸症候群のような命に関係してくるような症状や、腰痛や関節痛が体内にたまった脂肪の重みで起こることもあるようです。

多めの体重だからといって肥満体型の診断を下せるわけではありません。BMIは身長と体重からだけで診断されるため、体脂肪率は計算に入っていないためです。見た目が太っているからといってけっして肥満体型とは言えないのが、それが脂肪ではなく筋肉だった場合です。過去における肥満体型の診断をするための計算では体重と身長の数値から割り出すという方法が取られていました。しかし最近では体脂肪率が簡単に測れる体脂肪計が市販されるようになったこともあり、最近は体脂肪率を併用した診断が主になっているようです。

内臓の周りに体脂肪がついているリンゴ型肥満と、皮下脂肪が多い洋ナシ型肥満が、肥満体型にはあるようです。自分の体型がどちらに当てはまるかによって対策も変化します。