紫外線の量と日焼けの関係について

紫外線にあるa波は、硝子を透過する特徴をもっている為、部屋にいるときも日焼けのケースがあるのです。紫外線には、A波とb波があります。B波は曇りの日など天気で阻止できますが、そうだとしても外に降り注ぐ紫外線の一つではあるのです。

一年で、紫外線の照射量がいちばん多くなっているのは5月から9月にかけてと言われています。5月の陽光はまだ夏の強さがなく、まだまだ紫外線の対処はいらないと思うひとも多い様なんです。ちょっとずつ服装が多くなって、袖や、パンツの丈がショートになって来るので、それこそ紫外線の対処方法がたいせつになるのです。

汗をかくということも、夏の紫外線の予防で気にしたい所です。日焼け止めのクリームは汗で流れてしまうことがあり、よく塗って、日焼け止めのクリーム効果を維持していきましょう。

紫外線を遮断する効能がどの位あるのかは、日焼け止めのクリーム毎に違いがあるため、SPF値を見て、自分にピッタリなものを探しましょう。SPF値の大きい日焼け止めのクリームを1回にいっぱい使用するより、数が小さい日焼け止めクリームをこまめに付けたのが日焼け止めクリーム効能が出てくれるといわれています。

日焼け止めのクリームを利用する際には、肩や、鼻の頭、おでこのような、紫外線を受けてるところが、頻回に塗り直して下さい。

AM10:00~、午後2:00までの間が、紫外線がすごい大量ということを考えて出掛けるようにすると良いですよ。紫外線の強い時期のみではなく、1年を通し、紫外線の予防を心掛けることが皮膚の為なんです。