標準体型の診断について

体型診断から客観的に自分の体型を見た時にどうなのかを知りたくて、体型診断を受けてみたいという人は多いようです。インターネット上には無料で体型診断ができるサイトがあり、そこではダイエットに関して役立つアドバイスが受けられたり、自身の体重や身長を入力するだけで自動的に自分の体型を計算してくれたりします。

体型診断に使用される基準で最近多いのはBMIというものです。BMIが18.5~25が標準的な体型で、BMIとは体重÷身長÷身長で算出できる数字だそうです。この数字は身長と体重だけで計算して算出したものなので、筋肉質の人、水分をたくさん摂取する人などはあてはまらないことがあるようです。BMIの数値で18.5~25だからといって見た目が標準的に見えるというわけではありません。医学的な見地から健康状態が最も良く、肥満が影響する病気にかかりにくいとされる体型です。

最近の基準で日本人を診断した場合にややぽっちゃり型に見えてしまうのが標準体型と思っていいでしょう。体型を特に気にかける傾向が顕著な若い人は、スリム体型をふっくら体型よりも望んでいるようです。自身の体型分類をBMIを行いた診断から知ることはできても、個々人の考え方や価値感の違いにより、納得できるか違和感を持つかは別の事です。きれいな体型を、健康的な体型よりも良いと思っている人ならば、標準的だと体型診断で言われてももっと細くなりたいと考えるのではないでしょうか。